五月病とは?「症状」「治し方」「対策」「診断」紹介します

長かったGW(ゴールデンウィーク)も終わって体はしっかり休めたし、たくさん遊べたし、また仕事を頑張ろう~!と思ったのに「あれ?なんか体がダルイ。」「仕事に行きたくない!」となってしまっている人も多いと思います。今回はそんな五月病について調べてみたのでよかったら最後までお読みください。

そもそも五月病って病気なの?

実は「五月病」というのは病名ではなく、「環境の変化によって発生する憂鬱な状態」を総称したものです!日本では4月が新年度ですが、4月には進学や就職、人事異動などによる新しい環境が待っています。そして環境の変化を迎えて、慌ただしいなかでやってくるのが大型連休ゴールデンウィーク‼4月からの新しい環境になじめずに、ストレスを感じながらも頑張りすぎたことから、ゴールデンウィークが明ける頃に「会社や学校に行く気が起きない」「何だか体調が優れない」といった「心身が憂鬱になる症状」を発症することから「五月病」と呼ばれているのです。これは、新しい環境に馴染むよう頑張りすぎた結果に起こる精神的な症状なのですが、実は5月に限らず環境の変化に応じて、いつでも発生する可能性があるのです!

五月病の主な症状について

五月病の症状は人それぞれですが、「ストレスに起因する精神的な心の病」と考えられています。主な自覚症状としては、「倦怠感、無気力、睡眠障害、食欲不振」といったものが多いようです。また、これらの症状がきっかけとなり「頭痛や腹痛」といった体調不良が現われ、学校や会社に行くことができなくなってしまう人もいるのです。

五月病になる原因とは?

五月病になってしまう主な原因ですが、4月の環境変化によることが大きいといわれています。なぜかというと、4月は多くの人が大なり小なり環境の変化を経験するスタートの時期であり、自分でも気づかないうちにストレスを溜め込んでしまっているからです。環境が変われば誰もが希望や不安といった様々な感情などを抱くものですが、新天地で期待に応えようと無理をしたり、不安を払拭しようとする気持ちが強くなることで、知らず知らずのうちにストレスが蓄積されてしまうのです。そうした環境から5月の長期休暇に入ることで、張り詰めていた緊張の糸が急に緩み、反動から不摂生が続いたりすることで、会社や学校のことを考えると行きたくなくなったり、実際に体調不良などの症状を自覚するようになってしまうのです!

五月病になりやすい人の特徴

実は五月病になりやすい人と、そうでない人がいることをご存知でしたか?いったいどんな人が五月病になりやすいのでしょう?

・真面目な人
・完璧主義な人
・気を遣いすぎてしまう人
・周りに合わせてしまう人
・責任感が強く頑張り屋な人

このような人は五月病になりやすいと言われています。五月病は一過性のものだといわれていますが人によっては長期化してしまうこともあるので、該当する人は五月病を発症しないためにも予防しておきましょう!

五月病の予防や改善方法

五月病は自分自身の努力で、ある程度は予防や改善する事ができます。具体的にまとめてみました!

規則正しい生活を心がける

普段から「1日3食きちんと食べる、決まった時間に起床・就寝する、日中は運動を心がける」など、一定の生活リズムを保つよう心がけましょう!このようにして体内時計が整えば良質な睡眠が得られ、結果的にストレス緩和が期待できるでしょう。

周囲の人に相談してみる

悩みやストレスに感じていることを一人で抱え込まず、上司や先輩、同僚や友人、家族などに思い切って相談してみましょう!自分一人では見えていなかったことに気づいたり、有効な解決策をアドバイスしてもらえることもあるでしょう。自分で悩みを解決しようとすることは大切ですが、無理に頑張ることが逆効果になってしまうこともあるので、時には周囲に頼ることも大事です。

趣味を楽しむ

特に新入社員の人などは、早く仕事を覚えて即戦力になれるよう日々努力していることでしょう。それはとても大切なことですが、仕事を生活の中心にして「仕事が全て」となってしまうと、例えばミスした場合やトラブルがあった場合に、過剰なストレスを感じてしまうかもしれません。五月病は必要以上に頑張ることで発生するストレスが原因ですから、リフレッシュやストレスケアをうまく行うことが重要になってきます。そんな時に視野を広げてくれるのが趣味です!できるだけストレスをためないよう、趣味に没頭して発散することも大切です。

五月病の対処法はセロトニンにある?!

五月病とストレスが大きく関わっていることはわかりましたが、対処法はあるのでしょうか?これには「セロトニン」という脳内で分泌される「幸せホルモン」が重要になってくるのです!

セロトニンとは

ノルアドレナリンやドーパミンと並ぶ、「三大神経伝達物質」の1つが「セロトニン」。必須アミノ酸トリプトファンから作られていて、ノルアドレナリン(不安や恐怖・興奮を司る)とドーパミン(喜びや快楽を司る)の働きをコントロールしてくれています!この「セロトニン」は、気持ちや感情をコントロールして精神を安定させる働きがあるので、別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、ストレスをためないこと、また解消することに有効とされているのです!

セロトニンが不足するとどうなる?

セロトニンが不足するとストレスに弱くなってしまい、気持ちや感情をコントロールできず精神的に不安定になってしまいます。ですが、セロトニンがしっかり分泌されていれば大きなストレスをうけても、不安や怒りなどの感情を抑えることができるので、精神的に安定した状態で過ごせるのです。

セロトニンを増やす方法

セロトニンを増やすにはまず、「朝は早く起きて、日中は活動し、夜は早く寝る」といった人間本来の生体のリズムに沿った生活をおくることです!目覚めに太陽の光を取り入れ、日中は外で体を動かし、夜更かしを控えて心地よい睡眠を確保する。とてもシンプルで毎日できることなので「幸せホルモン」を増やすためにも、生活リズムを正しく整えることから始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

新しい環境に馴染むよう頑張りすぎた結果に起こる五月病ですが、五月病は他人事ではありません。なぜなら私達は新しい環境の中で、気づかぬうちに心身に無理をさせている可能性があるからです。ですが、五月病はリフレッシュやストレスケアで予防や改善ができるものでもあります。普段から規則正しい生活を心がけたり、ストレスを上手に発散するだけでも予防に繋がるのです。もしもゴールデンウィークで、昼夜逆転の生活や不摂生をしてしまった人は、まずは生活リズムを整えることから始めてみてください。「自分は大丈夫!」と思わずに、心身を整えることが予防や改善に繋がるのです。

関連記事

  1. 【母の日】いつ?おすすめのプレゼントは?外食や旅行をする人が急増中

  2. 手ぶらでOK!千葉県のおしゃれなBBQ(バーベキュー)場15選

  3. 夏風邪はどうして長引く?症状や治し方について!高熱や下痢は危険サイン?

  4. 2020年の東京オリンピックの日程やチケット!競技・種目一覧!

  5. バーベキュー

    【夏本番】BBQ初心者必見!持ち物や食材、服装やお肉の量を紹介

  6. パンケーキシンドロームとは?ホットケーキミックスに潜むダニに要注意!!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。