高齢者による交通事故が多発?!免許証返納の手続きや特典!対象の年齢について

こんにちわ♩サマリー管理人です。

車の写真最近、高齢者による事故がとても多いですね!令和になってから何件も!!とても心配になります。そんな高齢者の事故防止のために話題になっているのが「運転免許証の自主返納」ですよね。今回はその免許証自主返納についてその手続き方法や対象年齢についてご紹介していきたいと思います。

警察庁の発表によると運転免許を自主返納したのは約42万人と2年連続で40万人を超えました。返納者数が増加しているだけでなく、免許保有人口に対する返納率も上昇していて、免許返納は少しずつ浸透しているようですが浸透してきているとはいってもまだ75歳以上免許保有者はいる状況です。

高齢者の運転免許証返納とは?

免許証の写真

運転免許自主返納(運転免許の申請取り消し)とは、有効期限の残っている運転免許を返納することができます。1988年4月から高齢ドライバーの事故の多発を受けて導入されたもので2002年には「免許証を返納すると身分証明書が手元に無くなる」という意見を反映して返納後でも身分証明書として使える「運転経歴証明書」というものが導入されて、さらに2012年に「運転経歴証明書」の有効期間を無期限に伸ばすことで更なる運転免許自主返納を促していて運転免許自主返納の手続きをすると運転免許自主返納で受けられる特典もあり都道府県によっていろいろです。

免許返納の対象年齢は?

運転免許の自主返納は免許取得をしていれば何歳からでも行うことができるので対象年齢は特にございません。同様に「運転経歴証明書」も年齢に制限は無く申請し受け取ることが可能です。

免許返納の手続きとは?

まず免許返納の手続き場所ですが基本的には「管轄地域の警察署」や「運転免許センター」での手続きになってきます。受付時刻は平日での受付がほとんどで地域によって土日受付の可能性もあるのでご注意ください。手続きに必要なものとして「運転免許証」と地域によって「印鑑」が必要になってきます。

免許返納をすると得られる特典は?

運転免許の自主返納を行い「運転経歴証明書」を受け取ると様々な特典を受けることができます。運転免許の自主返納は年齢に関わらず行うことが可能な「運転経歴証明書」の提示で若者でも特典(優遇処置)を受けることはできるのかと思われますが特典によっては「運転経歴証明書」を提示すれば年齢に関わらず特典(優遇処置)を受けることができるものがあります。運転経歴証明書で受けられる特典(優遇処置)は、「自治体主催の特典」と「民間主催の特典」の2種類に分けられます。

自治体主催の特典(優遇処置)

《交通》
・市営、県営のバス割引/優待券
・市営、県営電車のバス割引/優待券
・指定タクシー業者の運賃が割引

民間主催の特典(優遇処置)

《家具・家電》
・補聴器の購入費用を割引
・電動車イスの購入費用を割引

《日用品》
・商店街の購入費用を割引

《レジャー》
・レジャー、テーマパークの入園料を割引
・ホテルの宿泊料を割引
・温泉、銭湯の入浴料を割引
・美術館、博物館の入館料を割引

《美容》
・美容院、理容院の施術料を割引

《お金》
・信用金庫などで定期預金の金利を上乗せ

上記のように、自治体では交通機関の特典がほとんどですが、民間は多用な特典を展開しています。

免許返納をした場合のメリットとは?

警察署の写真

「運転経歴証明書」は運転免許証の代わりの身分証明書となるほか上記にもあるように提示することでバス、鉄道が半額になったり、タクシー料金が割引になったりイオン・イトーヨーカドーにて格安配送が可能になったり、各種施設などが割引になります。
車が運転できなくてもお得に生活が出来るのです。それと返納後の一番のメリットとしては車を運転しないということで事故のリスクが減りますし車が不要になる分、車検、維持費がかからないという金銭的なメリットがあります。

免許返納をした芸能人は?

芸能界でも免許証の返納した方は多く女優の黒柳徹子さんや高木ブーさん、他にも和田アキ子さんなどいらっしゃります!高齢者ドライバーによる事故が後を絶たないことで免許の年齢に上限を導入すべきという声もあり、免許返納した芸能界の方々の姿勢は一つの見本となりそうですね!

免許返納をしたら身分証明はどうやってすればいい?

免許証の返納をすると「運転経歴証明書」というものは申請することが出来ます。「運転経歴証明書」とは、運転免許を返納した後、公的な身分証として利用可能なカードでさらに「運転経歴証明書」を提示すると自治体や民間から割引の適用があります。「運転経歴証明書」が無いと自治体や民間からの特典が受けれない場合もありますので返納時は申請を忘れずに!

まとめ

車の写真ここまで免許証の返納について手続きや特典などいろいろ書いてきましたが一番大切なのは事故のリスクを減らすということだと思います。今でもテレビでは交通事故のニュースがたびたび報道されていて運転のミスや飲酒・居眠り運転などが多いですね。一度自分自身免許の返納を検討する際は車がなくとも暮らしていける環境を整える必要があり大変さを感じると思います。しかしながら車がなくても生活できる土地へ引っ越しをしたり買い物に行かなくとも済むように宅配サービスを検討したりするなど工夫はいろいろで各地域での特典などあり手助けにもなるはずです!

運転免許の返納により「安全・家族の安心」と、返納後の「利便性」を踏まえて、より良い選択をしていただける事を切に思います!

関連記事

  1. 2020年の東京オリンピックの日程やチケット!競技・種目一覧!

  2. 【父の日】2019年はいつ?人気のプレゼントやギフト!ランキング紹介

  3. [関東]東京・千葉にある人気御朱印スポット!料金や御朱印帳についても説明

  4. ハロウィンの由来とは?今年はいつ?どうしてかぼちゃなの?起源

  5. 令和元年!いつから始まる?その意味とは?早くも記念切手が話題に

  6. 一人で行けるお店まとめ!【バー】【カフェ】【温泉】【映画館】などジャンル別

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。