梅雨の体調不良の原因や対策!眠気や頭痛の症状があるのはなぜ?

5月も後半に差し掛かり次に来るのが・・「梅雨」ですね。今回は梅雨の時期になると現れる体調不良について紹介したいと思います。

梅雨に起こる体調不良の原因とは?

梅雨になると何だか体調がすぐれない…という方も多いのでは?『頭痛がする、体がダルい、手足が冷える、全身がむくむ』などなど、体調不良になりやすい時期でもあります。そんな不調の原因の一つといわれているのが、空気中の湿度の高さ!雨が多い梅雨時は空気の湿度が高くなり、また気温も高くなります。ですがそのわりには汗をかきにくいので、摂りすぎた水分を皮膚からうまく排泄できず、体内に溜め込んでしまいがち!この体内に溜め込んだ不要な水が、梅雨時の体調不良を引き起こすと言われているのです。また、天候ストレスによる自律神経の乱れも、倦怠感や疲労感といった不調の原因になるのです。

梅雨に起こる症状「梅雨だる」とは?

梅雨時は低気圧の日が続くうえに、気温の急激な変化や高い湿度、日照不足などによる天候ストレスを受けやすくなります。その結果、自律神経が乱れやすくなり、『憂うつな気分になる、やる気がでない、イライラする』といった精神的な不調が起こるのです。特に女性に多いとされるこの症状は、「梅雨だる」とも呼ばれています!

梅雨と自律神経の関係について

実は自律神経とお天気は密接に関係しているのです!自律神経とは、自分の意思とは関係無く働いてる神経のことで、体が活動するときに働く「交感神経」と、睡眠時やリラックスしているときに働く「副交感神経」の2つがあります。この2つの自律神経は、人間の体のあらゆる働きを調整していて、2つの自律神経がバランスよく働きことで健康状態を保っています。ですが、天候が変わりやすい梅雨時は気圧や気温の急激な変化によって、2つの自律神経のバランスが崩れやすくなり、様々な不調となってあらわれるのです。

梅雨の体調不良で多いのは頭痛

梅雨はセロトニンの分泌量が不安定になるため頭痛が起こりやすいと言われています。セロトニンは神経伝達物質なので大量に放出されたり、極端に減ったりと不安定になる事で頭痛が起こりやすいです。またストレスなどの精神的な事でも起こるので注意が必要ですね。

梅雨に起こる体調不良対策をしよう!

自律神経のバランスを整え、梅雨だるを予防するためには普段からの対策が重要です!次の3つのことを意識して、梅雨時の様々な不調を吹き飛ばしましょう!

梅雨の体調不良対策その1

「生活リズムを整える」

生活リズムが崩れると自律神経も乱れてしまいます!起床時間や就寝時間、食事の時間などできる限り規則正しい生活を心掛けましょう。また適度に体を動かす時間も大切なので、家の中でできるストレッチやヨガ、筋トレやスクワットなどを取り入れてリフレッシュタイムをつくりましょう!

梅雨の体調不良対策その2

「太陽の光を浴びる」

私たち人間は太陽の光を浴びることで、メラトニンやセロトニンといったホルモンの分泌量を整えています。しかし太陽の光を浴びる時間が少なくなると、これらのホルモンが減少し抑鬱気分や睡眠障害になりやすくなることも!晴れた日はなるべく外出して、太陽の光を浴びることをおすすめします。

梅雨の体調不良対策その3

「ゆっくりと入浴する」

ゆっくりとした入浴は副交感神経を高めるために有効です!ポイントは、38〜40℃くらいのぬるめのお湯に、じんわりと汗をかくまで(10〜20分程)ゆっくり浸かること。体が温まり血流も良くなるので、だるさや疲れ、イライラもやわらぐでしょう。また副交感神経が働くことで質の良い睡眠が得られるので、「普段からシャワーだけ」という方は特に、梅雨を乗り切るためにもゆっくりと入浴することをおすすめします。

梅雨の体調不良に負けない食事とは?

梅雨時の体調不良を予防するためには、食事も大事!食欲不振になりやすい時期だけに、しっかりとポイントを押さえておきましょう!また食事の面では、水分を上手に排出するために、利尿作用と発汗作用のあるものを摂るのがベストです。

梅雨の体調不良時こそ朝食を

朝食を食べることで、朝は交感神経が働いて夜は副交感神経が活発になるという、体本来のリズムを整えやすくなります。”朝食を食べる習慣がない””朝は食欲がない”という方もいらっしゃると思いますが、手軽に食べられるバナナ、ゆで卵、チーズなどでもOK!お湯で溶くだけのスープや味噌汁、ヨーグルトなどでも良いので、梅雨時こそ朝食を食べるように心がけましょう。

梅雨の体調不良時に利尿作用のあるものを

梅雨時に体調不良になる原因の一つが、体に溜め込んでしまった不要な水分!この水分や余分な老廃物を外に出してくれるのが、利尿作用のあるカリウム。このカリウムはキュウリ、スイカ、トマト、とうもろこしなどの夏野菜をはじめ、小豆や納豆、きのこやジャガイモなどに多く含まれています。また、カフェインの入った飲み物にも利尿作用があるので、緑茶やコーヒー(無糖)もおすすめです。

梅雨の体調不良には体を温める食べ物

冷たいものの摂り過ぎは体の冷えにつながり、体調不良を引き起こす原因に!暑くなってくると、ついつい冷たいものを手に取ってしまいますが、飲み物はなるべく温かいものを選びましょう。またショウガやにんにく、ネギや唐辛子、鶏肉や鮭など、体を温めてくれる食材を積極的に取り入れ、体温を上げて発汗を促すこともおすすめです。

梅雨は胃腸が弱くなるってホント?!

梅雨時の自律神経の乱れは、腸内環境にも影響を与えます!腸内環境が乱れると腸内細菌のバランスが崩れ、悪玉菌が優勢になってしまいます。悪玉菌が優勢になれば下痢を引き起こし腸内は荒れ、ますます下痢環境になってしまいます!さらには“食欲がない”、“胃が重い”、“胃がムカムカする”といった不調にもつながるため、「早寝早起き」「眠る3~4時間前は食事をとらない」「暴飲暴食をしない」など、胃腸が健康に働くように心がけることが大切です。

まとめ

今回は梅雨の体調不良についてまとめてみましたがいかがでしたか?雨が降ると気圧の変化によって片頭痛が起こるなんて方も多いと思います。なぜか毎年6月ころは体調が優れないという方ももしかしたら原因は「梅雨」によるものかもしれませんね。今から梅雨の時期に負けない体作りを心がけていきましょう!

 

 

関連記事

  1. 【父の日】2019年はいつ?人気のプレゼントやギフト!ランキング紹介

  2. 仕事帰りでもOK!手ぶらで行ける東京のBBQ(バーベキュー)場14選

  3. 夏風邪はどうして長引く?症状や治し方について!高熱や下痢は危険サイン?

  4. ソフトクリーム

    【保存版】北海道道の駅ランキング2019!車中泊や温泉も紹介

  5. 車の写真

    高齢者による交通事故が多発?!免許証返納の手続きや特典!対象の年齢について

  6. 2020年の東京オリンピックの日程やチケット!競技・種目一覧!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。