2019年の梅雨入りはいつ?予想・時期・梅雨前線や明けについて

GWも終わりこれから夏が始まろうしていますが夏の前に雨の日が続く季節がやってきますね!梅雨(つゆ)です!梅雨の季節は、雨が降り続いて服や靴がぬれたり湿ったり、湿気で蒸し暑かったりとうっとしいですよね!梅雨なんて無ければいいのに!なんで梅雨になるの?と疑問に持たれた事が一度はあるかと思います!そんなあなたに向けて梅雨とは何か?とか今年の梅雨入り時期や梅雨明け時期を予想していこうかと思います!

梅雨(つゆ)とは?

「梅」の「雨」と書いて「梅雨」。<つゆ>または<ばいう>とも呼ばれていて梅雨は5月から7月の間の特に雨や曇りの日が多い雨季の一種で、日本や中国、韓国、台湾など東アジア地域に見られる気象現象の事です!梅雨のシーズンが始まる事を「梅雨入り」または「入梅(にゅうばい)」と呼び、また梅雨の終わりを「梅雨明け」または「出梅(しゅつばい)」と呼んでいます!この梅雨の発表を行うのは気象庁で梅雨入りと梅雨明けの時期をその時の天候と1週間先までの気象予報に基づいて決めているようで気象庁とその地方支分部局である管区気象台が発表しています!簡単に言うと「5月下旬から7月下旬ごろまで続く、雨がよく降るシーズン(雨季)」ってことですね!

梅雨の時期とはいつ?

梅雨の時期は日本全体を平均して考えると5月下旬から6月上旬ごろから始まり期間は約1カ月ぐらいです!ただし、日本は東西南北に広いので、地域によって梅雨入りと梅雨明けの時期は大きくずれていきます!たとえば、沖縄や奄美(あまみ)諸島は5月の第2週くらいから東北地方の北部は6月第2週から第3週の間に梅雨入りするみたく1カ月くらいずれが出てくるそうです!

梅雨前線とは?

どうして梅雨になると雨が降るのでしょうか?その理由は梅雨前線ができるからなんです!梅雨前線によって梅雨が始まったり終わったりするしくみを説明していきたいと思います!梅雨前線の話をするためもまずは「前線」が何か?を知っておきましょう!前線とは南から来た暖かい空気と北から来た冷たい空気がぶつかる場所のことでつまり、温度の違う空気の境目が前線であるともいえます!前線には「温暖前線」「寒冷前線」「閉塞前線」「停滞前線」と4種類あり梅雨前線は「停滞前線」になります!停滞前線は動きが遅くてあまり動かない前線なので1ヶ月以上梅雨が続いてしまうのです!

2019年の梅雨入り予想

気象庁が公開している過去データを紐解きながら今年2019年の関東・甲信地方の梅雨入り時期の予想を紹介していきたいと思います!気象庁の関東地方の梅雨入り時期のデータを見ていると最も早い梅雨入りは「1963年の5月6日頃」で、最も遅い梅雨入りは「1967年と2007年の6月22日頃」何と一ヶ月半のもの開きがありますね!昨年は6月6日・一昨年は6月8日が梅雨入りしているみたいでこのデータから今年2019年の梅雨入りは「6月1日ごろ~16日ごろ」と予想されます!

2019年の梅雨明け予想

関東の梅雨明け時期ですが梅雨入りと同様に過去のデータをみてみますと最も早い梅雨明けは「昨年2018年の6月29日頃」で、最も遅い梅雨明けは「1982年の8月4日頃」でした!過去のデータを見ていくと若干ですが梅雨明け時期は遅くなっている傾向が見て取れていきます!梅雨入りが早まり、梅雨明けが遅くなっているため梅雨は長期化している傾向があるといえるでしょう!こういったデータから予想すると2019年の梅雨明け時期は「7月10日ごろ~7月24日ごろ」の間位と予想されます!

まとめ

今回は2019年の梅雨入り、梅雨明けについてご紹介しましたがいかがでしたか?梅雨はジメジメして洗濯物も乾かず、憂鬱な気分になってしまう日が多いですが紫陽花など梅雨にしか楽しめないこともありますので是非、梅雨の時期も楽しみの一つとして過ごしてみてくださいね。

関連記事

  1. 【母の日】いつ?おすすめのプレゼントは?外食や旅行をする人が急増中

  2. 【関東】2019年花火大会の場所や開催日、時間、打ち上げ数などをまとめました

  3. 【父の日】2019年はいつ?人気のプレゼントやギフト!ランキング紹介

  4. 令和元年!いつから始まる?その意味とは?早くも記念切手が話題に

  5. 新生活にあると便利なもの!応援セットとは?チェックリストで確認!

  6. GW中のイベントや渋滞情報予測!天気はどうなる?バイトで稼ぐもあり?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。