【夏本番】BBQ初心者必見!持ち物や食材、服装やお肉の量を紹介

バーベキュー

いよいよ夏も本番ですね。夏になると楽しみなのが「BBQ」ですが企画をしたら何を用意すれば?お肉の量はどれくらい?などなど疑問も多いと思います。そこで今回はBBQに必要な持ち物や食材、服装やお肉の量など必要最低限の事を記事にまとめてみたのでよかったら参考にしてください!

BBQ(バーべーキュー)に必要な食材とは?

バーベキュー

最近では食材を店側で用意してくれるサービスのあるキャンプ場なども増えましたが今回は全て持参するという設定で紹介していきます!

お肉

バーベキュー

牛肉・豚肉・鶏肉・ウィンナー・ベーコン

BBQと言ったら「肉」はメインですよね!牛肉や豚肉、鶏肉など様々な種類のお肉を用意しておくとよりBBQを楽しめます。その時には焼肉のタレや塩コショウなど味付け用のアイテムも忘れずに購入しましょう。またベーコンやウィンナーなどは大人だけでなく子供にも大人気です。

野菜

キャベツ・玉ねぎ・ピーマン・とうもろこし・エリンギ・なす・長ネギ・ししとう・ジャガイモ

などが鉄板のBBQメニューではないでしょうか?玉ねぎやエリンギはそのまま焼くだけで美味しくいただけますし、ジャガイモはじゃがバターにしたりとレシピも様々です。またスーパーで売っているカット野菜を買っておけば焼きそばなども簡単に作れるのでオススメです。

海鮮

エビ・イカ・ホタテ・ハマグリ・サザエ

はBBQの時にあると一気に豪華になりますね。海BBQの際にはこういった海鮮を持ち込むとより楽しめます。また魚を持ってくるという方もいました。

デザート

マシュマロ・りんご・ばなな

BBQでデザートというのはあまり聞きませんがせっかく網や鉄板があるのでマシュマロを焼いたり、焼きばななを楽しむという人も多いようです。小さいお子さんがいるBBQであればマシュマロなどはとても喜ばれそうですね。

炭水化物

おにぎり・焼きそば・焼うどん

BBQの時に焼きそばや焼うどんがあると鉄板で作れます。またお米が食べたいな~という時にはおにぎりを持っていけばそのまま食べる事も出来ますし、網で焼いて焼きおにぎりにもできます。

BBQ(バーベキュー)に必要な持ち物とは?

次はBBQをするのに必要な持ち物についてです。今回は必要最低限のものと、これはあった方がいい!というものをピックアップしましたので参考にしてください。

BBQコンロ

BBQコンロ・鉄板・焼き網

BBQをするのに必ず必要になります。大体がホームセンターなどでセットで売られていますが食材を焼く鉄板や網も揃えましょう。

テーブルやイス

どこでやるかにもよりますが必要に応じてテーブルやイスを用意しましょう。キャンプ場などでテーブルなどは先に用意されている場所もありますが海や山などテーブルなどがない場合もありますので事前確認が必要ですね。

BBQで火をつけるのに大切な炭。ホームセンターなどで購入する事が出来ます。

新聞紙

炭に火をつける時や何か汚れてしまった場合などに新聞紙があるととても便利です。炭に火をつける時は段ボールを使うという方もいましたので用意しやすい方で良いでしょう。

着火剤

炭にそのまま火をつけようとしてもなかなかつかないという事が多いので着火剤があるとスムーズに火おこしが出来ます。

炭用ハサミ・トング

炭を掴む用のはさみやトングのようなものがあるとコンロの中の炭を動かす際に便利です。

クーラーボックス・保冷剤

冷たい飲みや予備のお肉などを保管するためにクーラーボックスがあった方が良いです。夏場はお肉なども傷みが早いのでクーラーボックスの中に保冷剤を入れて新鮮な状態で保管しましょう。

軍手・ゴミ袋

軍手やゴミ袋は必須アイテムです。テーブルにゴミ袋をかけておけば片付けも簡単に済みますね。また鉄板などもあるので軍手があるとやけどのリスクも下がります。

その他にあると良いグッズ

ウェットティッシュ・虫よけスプレー

BBQは場所によっては手がすぐに洗えないという場合もあるのでウェットティッシュなどがあるととても便利です。また山などでBBQをする場合には蚊が多い事もあるので虫よけスプレーや蚊取り線香などを持っていく方も多いです。

BBQ(バーベキュー)に必要な調理器具

包丁・まな板・トング・菜箸

は必要ですね。その他にも作るメニューによって調理器具を考える必要がありますがとりあえずこの4点があればBBQは十分に楽しめます。

また油や醤油、焼肉のタレなど調味料も忘れずに持っていきましょう!

お皿やコップ

紙皿や紙コップを人数分より余計に用意しましょう。使い捨てなら後片付けも簡単なので100均などでまとめ買いが◎です。

BBQ(バーベキュー)にはどんな服装、コーデで行く?

持ち物も大切ですがバーベキューをする上で気になるのが「服装」ですよね。あまりBBQの経験がない!という方に分かりやすいように紹介していきます。

まずBBQをする上で避けた方がいい服装ですが露出が高いものやヒールなどですね。BBQは火を使うので油が跳ねる危険があります。露出の高い恰好ですとヤケドの可能性があったり、蚊に刺されたりとあまりオススメできません。またヒールも動きにくいのでNG。

・パンツ(ズボン)
・TシャツやロンT
・スニーカー

というラフで動きやすい恰好が◎です。日焼け対策として防止をかぶったり長袖の羽織りものがあると良いでしょう。

BBQ(バーベキュー)で用意するお肉の量は?

バーベキューで用意するお肉の量ですが集める人数によって変わってきますよね。なので大体1人が食べる平均の数字を書いておきますので参考にしてください。

成人男性 200~300g
成人女性 150~200g
子供 小学生 150~200g
中学生 200~250g

程度と考えて用意すると良いですね。また少し多めに買っておくと余ってしまっても持って帰って食べる事も出来るので足りないよりは◎かと思います。

まとめ

バーベキュー

今回はBBQに必要な食材、持ち物、服装やお肉の量などについてまとめてみましたがいかがでしたか?美味しいお肉に友達や家族。思いっきり楽しみましょうっっ!!

 

 

 

関連記事

  1. 紫陽花(あじさい)が楽しめる名所紹介!寺などのおすすめスポット一覧

  2. 夏風邪はどうして長引く?症状や治し方について!高熱や下痢は危険サイン?

  3. ハロウィンの由来とは?今年はいつ?どうしてかぼちゃなの?起源

  4. 手ぶらでOK!千葉県のおしゃれなBBQ(バーベキュー)場15選

  5. 五月病とは?「症状」「治し方」「対策」「診断」紹介します

  6. 【父の日】2019年はいつ?人気のプレゼントやギフト!ランキング紹介

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。